ITの情報

本来IT、即ちインフォメーション・テクノロジーとは、情報処理を目的とする技術全般を意味します。この中でもインターネットやパソコンを使用する技術を、特にITと呼んでいます。だからこそITを、インターネットの事と勘違いする方が現われるのかも知れませんが、本来はItの中にインターネットが含まれる関係なのです。

さてIT企業と呼ばれる組織は、IT技術を使用する多様なサービスの提供が事業内容です。そしてIT技術を活用した事業の起業に於いては、目指す人若しくは実現させた人が最近実に多くなりました。

当然の事ながら、彼等はITに関する技術を習得しています。然しながら現在に於いては、技術等を持たなくても勉強さえすればスキルアップは可能です。しかもこの勉を、起業後に開始しても決して遅くはないのです。

現在ではITに関する情報が、インターネット上には数多く紹介されています。実際には、この種の情報提供をビジネスにする、そんな企業すら出現しているのです。更には、ITを使用する企業家、及びITを使用する個人、こういう方々の支援を事業とする企業さえ存在する位です。

こういう状況が明らかになって来ると、まさにビジネスチャンスは至る所に転がっている、この現実に先ず驚かされます。即ち情報さえあれば、これを求めて来る人は、必ず現われるのです。特にこの情報に付加価値が与えられたら、新しいビジネスが誕生するのです。

更には現代のITとは、単なるインターネットの技術の範疇に留まりません。むしろインターネット技術を活用して、新しい情報を創造する事が可能になっているのです。しかもインターネットが行き渡り、情報伝達の速度は飛躍的に上がっています。

然しながらこの状況は、新しい情報でも直ぐに古くなる結果を招きます。そうなのです。この情報というのは、伝達速度が上がると、鮮度が落ちる速度も上がるのです。

そこで皆さんは起業を、どの様に考えておられますか?仮にも起業しようと考える以上は、ITを取り巻く現状に対する理解が、先ず必要となります。この次には今後の動向に、常に目を光らせなくてはなりません。この地道な努力の結果、天が定めた時期に至ると、ビジネスチャンスが到来するのです。

この為にも、周囲の状況を分析しながら、獲得した多数の情報に付加価値を与える、こういう柔軟な発想が求められるのでしょう。