ITのマネジメント

現代ではIT(インフォメーション・テクノロジー)が、企業の中で大きな位置を占め始めました。事実、大部分の企業で、IT化が推し進められています。

それでは皆さんが目指す起業に於いては、ITのマネジメントは如何でしょうか?何故ならば企業の組織の範囲内で、どんなIT化が可能となるのか、この点には専門的な知識が必要だからです。単にパソコンとインターネット環境を整備しただけでは、IT化を果たしたとは未だ言い切れません。

そこで起業したサラリーマンが、マネジメント業を供給するケースが増えて来たのです。確かに大企業に於いては、既に専門的なIT部門が存在しています。然しながら中小企業の場合、ITの知識が不充分なケースが目立つのです。従ってこの中小企業からのマネジメント業への需要が、今後は増加する傾向が見込まれるのです。

更に近年に於いては、セキュリティの問題がクローズアップされています。万が一、顧客台帳等の個人情報が流出する事故に見舞われたら、企業は社会的な責任を問われる事態を招く訳です。これを防ぐ為にも、皆さんは起業に備えて、IT技術に習熟しておく必要があります。この時、新しい情報や技術が敏感にキャッチ出来る様、アンテナは常に張っているべきです。更にはこのキャッチした情報を、駆使出来るだけの技術力を備えている必要が在るのです。

因みに一般人の側からは、ITとはパソコンでするインターネットだと考えられています。然しながら、ITとはインターネット自体ではありませんし、企業にとってはインターネット以上の存在なのです。現実には、通常の業務の情報交換を効率化する、その目的でITが使用されている訳です。

従って、インターネットの構造を理解し、これを最大限に活用してこそ、起業が成功するのではないでしょうか。もし皆さんが若い方であれば、今の間に勉強する心掛けが必要です。この若さの特権を生かし、新しい技術を習得すれば、更にITが進化した将来には、有利な仕事に就けている可能性も在るのです。