ITとメディア

現在ではIT関連の情報を供給する組織として、先ず無数のサイトが挙げられます。ところがこの種のインターネットのみならず、放送メディア等でもITのニュースが提供されているのです。

この中にその名もその通り、「Itmedia」という会社が実在します。この会社はソフトバンクのグループ企業で、IT系のニュースサイトを運営しています。このサイトでは、ソフトバンクのブロードバンドコンテンツ等が、配信しているのです。

そこでもし皆さんが起業を目指しているのであれば、ソフトバンクの様な時代の最先端を行く企業に憧れるのではありませんか。とは言えこれから起業する以上は、これ程のレヴェルの大企業と張り合うのは、いささか現実離れした感は否めません。それでもITに関する情報なら誰もが欲しがりますから、仮に貴方がサイトを開いた場合、アクセス数が相当に多くなる可能性が生まれます。

そもそもIT技術は日夜進化しており、刻一刻と新しい技術が考案されて実用化がなされているのです。しかもその範囲が桁違いに広く、地球全体の出来事がターゲットにされている訳です。そこで仮に皆さんが起業した際、そういう階層の消費者をターゲットにするのか、そこを絞り込めば細かなニーズの掘り起こしが可能となるでしょう。

現代の企業ではアウトソーシング(業務の社外への委託)が、一般的になりました。従ってこの状況は、外部の人間に開かれたビジネスチャンスだと解釈して下さい。然しながら成功を掴む為には、時代を読み取る確かなセンスが必要となります。

更には、大成功した人の模倣をしたところで、栄光の道はその人物を通した後は既に塞がっており、他の誰もが入り込む事は不可能なのがこの世の仕組みです。何故なら、成功への道は千差万別であり、時と場所と人間とあらゆる要素が絡み合っている以上、これは当然です。従って本気で成功したければ、即刻他人の真似を中止し、周囲から侮蔑されながらも、独自の物を地道に作り出す、結局はこれが秘訣なのです。この際、一攫千金を狙う考えは詐欺の獲物になるのと同じですから、くれぐれもこの考えだけは起こさないで下さい。

さて貴方がIT技術に専門知識を持つ場合、この情報を求める人が必ず存在します。そして一旦ネット上に載せた情報は、まさに地球の上を瞬時に駆け巡るのです。