ITとフランチャイズ

現在のサービス業の大部分は、フランチャイズ制を敷く様になりました。何故ならネームバリューを有効活用して、起業する人々が増加して来たからです。この中でもコンビニ等で起業する人に対して、ITを利用した情報提供がなされています。この様に、現代のサービス業に於いては、情報収集の結果の分析に基づく、新たなビジネスの創出が可能となったのです。

特にフランチャイズで全国チェーンを展開する企業には、ITを通して全国の情報が集中しますが、これが何よりも貴重な存在となるのです。何と言っても、時と場所を問わずに、一貫したサービスが受けられる仕組みは、消費者に最大の安心感を与える事になるからです。

そこで皆さんは現在、起業を考えていらっしゃいますか?もしITの知識をお持ちなら、情報の必要性は重々理解されているでしょう。しかもその情報の価値が鮮度にあるのも、当然皆さんは御存じでしょう。そうです、情報は新鮮だから価値があるのであって、古くなった情報にはもはや価値はないのです。

現在はインターネットの浸透に伴い、企業のIT技術の活用が当然になりました。この傾向は食品業界等に於いても、決して例外ではないのです。そしてネットを駆使して得られる情報に基づき、今後の方針を絞り込む事さえ可能なのです。

更にはサービスの質を向上させる為には、情報に正確さが求められます。この目的で、インフラが整備される様になりました。このインフラとは、「社会経済発展の基礎となる、電力、水、交通、通信」等を意味します。

それではこの新しく正確な情報を、如何なる方法で収集するのか、これは各自の課題となります。そして収集された情報は、分析してこそ意味が生まれます。この点、ネットワーク関連の技術を持つ人であれば、分析等は得意分野ではないでしょうか?

究極は「消費者は現在、何を求めているのか?」であり、「消費者の要求は、今後どう変わるのか?」です。一番大事なこの点さえ掴めれば、売り上げの倍増に即効性が現われるに違いないのです。こんな時にも身近な分野で、IT技術は最大限に活用されているのです。