ITとアウトソーシング

皆さんはアウトソーシングという言葉を、聞かれた事がお在りでしょうか?この言葉は、企業内の業務の一部を外部の企業に委託する仕組みを示します。そしてアウトソーシング自体は、現在多様な業種で実際に行われています。

この中でもアウトソーシングが一般的に行なわれている業種としては、特にIT分野が挙げられます。中でも少人数で起業した組織がアウトソーシングを請け負う場合には、少人数による効率化が図られている様子です。従って、若者がIT技術を武器として起業する、こんな例が最近では増加の一途にあるのです。

この背景にあるのは、会社の社員として業務を遂行するよりも、IT技術を活かしてアウトソーシングを受注する方が、会社に縛られず自分の遣り甲斐が見出せる、との万人が持つ願望だと推察されます。この様に、IT技術が先にあったからこそ、アウトソーシングが可能になった、こんな業種も存在するのです。

更に特筆すべきは、手作業であれば出勤するしか方法がなかった業務の遂行が、IT技術を使用すれば在宅勤務で可能になったという点です。特に、物理的に距離のある人間でもインターネットのメールを使用すれば、添付送受信を利用して書類が瞬時に受け渡し出来る様になった訳です。これは一昔前では信じられなかった行為であり、まさに画期的な技術革新でありましょう。

そこでですが皆さんは、起業を考えていらっしゃいますか?もしそうであれば、IT技術を習得するに限ります。仮に、専門的なレヴェルではなくても、メールやブログ等を活用するだけでも、ビジネスの幅は大きく拡大します。こうなるとアウトソーシングに固執しなくても、独立したサービスの意思表示が先ず可能となるのです。

ただでさえインターネット上には、未知のビジネスチャンスが埋もれています。現在では未だビジネスとは認められていない原石を、若い感覚で見い出して磨いて世に出した後でようやく、あれがビジネスだったと世の中から認められるのです。その成功する前の発見して磨く課程で、年配者からの批判に晒されるのは当たり前と捉えるべきです。

特にIT技術に関してだけは、どうしても若い世代の人の方が得意です。何故ならインターネットとは、彼等彼女等が生まれた時から存在したからです。土台、成人してから初めてパソコンに触れた世代には、若者との格差は大きいと言うべきかも知れません。ただそれまでに築いたインターネット以外の能力の方に、若者の追従を許さないレヴェルがあれば、これがインターネットに活かせると、最高の結果をもたらすとは言えます。

さて皆さんは、どちらの世代でしょうか?何れにしても自分が授かった役割を自覚して、世代を超えてインターネットに取り組めたら素晴らしいではありませんか!