起業の資金

通常では起業を考える際に、最も必要となるのが資金です。確かに完全な無一文では、起業する行為は不可能です。

ところがこれがIT関連企業となると、インターネット環境とパソコンさえ在れば、即座に起業が可能となるのです。即ちIT関連企業の起業に於いては、設備投資を目的とする資本を殆ど必要としないのです。

それでも会社の業務を続ける為には、一定程度の資本金は必要になります。

IT以外の分野にも目を向ければ、学生時代から起業する人が昔から存在しました。でもそれは良く見ると、資本が必要な業種に限られていた筈です。ところがITを使用して情報交換する現代では、ビジネスに活用出来るアイデアさえ持っていれば、資本金がなくても起業が可能となったのです。

仮にも若者であれば、ネットワークの仕組みは充分に理解出来ているに違いありません。何故なら若い世代には子供時代から、既に自宅にインターネットが在ったからです。この様にITに対する感覚は、年代によって大きく異なります。人間とは生まれ育った時代の環境が、成人してからの考え方に色濃く影響するのです。だからこそITに対して何等違和感を覚えない世代は、ITを武器として起業する訳です。

ところがIT以外の職種の場合、資本金が必要となるのです。当然この類の職種に於いては、若い世代の実力は未熟と判断される訳です。何故ならスキルを身に付ける為には、一定の年数の経験が必要だからです。

ところがこれがインターネット技術となると、若い世代では子供時代にまで遡れますから、既に充分な経験を持っている事になる訳です。仮に小学生の頃からパソコンを使用していた人の場合、ブラインドタッチ等は当然の様に出来るに違いないのです。この若い世代がIT関連企業の起業するなら、設備投資を目的とする資本が殆ど必要ではないのです。

そこでこの若年層は、ブログやメルマガ等を利用すれば、何よりも気軽な起業が可能です。言わばインターネット上に、ビジネスチャンスが転がっているのです。然しながら実際のビジネスが始まれば、今度は自身のセンスとアイデアが勝負になるのです。