ITで独立

貴方が仮にサラリーマンであれば、「出来れば将来は独立したい」と考えているのは、多分間違いありません。この目的でITを活用するのが、最近の流行なのです。事実、インターネットが猛烈な勢いで浸透して、ドットコムがブームを巻き起こした時期がありました。この頃からITを活用した起業を目指す、そんな若者が増加を始めたのです。

確かにITとは、無限の魅力を持つ存在です。何故なら、既製の企業の枠に押し込められずに、斬新な発想が活かせるからです。特に、子供時代から馴染んで来た若い世代であれば、何の違和感もなく使いこなせるのです。

因みにTとはインターネット自体ではなく、正確にはインフォメーション・テクノロジーの事です。これは情報を処理する為の、多様な技術を意味します。従って現在のITとは、インターネットとパソコン、ケータイ(携帯電話)、これ等を総称する言葉と解釈して構いません。

ですからIT職種に於ける起業をしたら、これ等の3種のツールを用いて、消費者に対する情報提供を行なう事になるのです。しかもその情報の種類は、信じられない程の多様性に富んでいます。それでも多彩な情報を求める消費者がいれば、如何なる情報でも商品になる可能性があるのです。

実は、ITでの起業が流行するのには理由があり、その筆頭には資金を殆ど必要としない点が挙げられます。極端な例ではネットワーク環境とパソコンだけを用意すれば、即座にサービスが開始出来るのです。この後は継続的に、個人的なスキルを高めるだけで完了です。

特に、IT分野での起業を志す場合には、自分の技術力の向上が先決となります。
更には技術革新の速度がありますから、技術動向を常に見続ける必要があるのです。これは言い換えれば、新しい技術の導入に他なりません。

確かに、インターネットが発祥した当時と比較すると、現代のネットワークは飛躍的に高度に且つ複雑に進化しています。然しながら大多数の消費者にとっては、内部構造等はどうでも良いのであって、要は使用出来ればそれで充分なのです。