週末起業

皆さんは週末起業という言葉を、聞かれた事がおありでしょうか?これは読んで字の如くで、週末だけ起業して副収入を得る行為です。従って、「週末」を「起業」に付ける以上は、当然の事ながら平日は就職先に出勤する訳です。これはまさに、週末起業そのものです。

こういう言葉が語られる事自体、起業している人が潜在的にいる訳です。特にインターネットが浸透した現代では、ITを駆使した起業が可能となりました。
この様に仕事へのITの導入は、在宅ワークへの道を拓きました。まさに自宅で業務が出来るばかりか、仕事の種類によっては受け渡しが、郵送によらずともメールで瞬時に済ませられるのです。しかもITの技術を持たなくても、サイトの構築や運営をするだけで良い場合さえあります。

何よりも、多数の人が求める情報や商品の供給が達成出来れば、充分な収益を上げる道が拓けるのです。これ等は、インターネットとパソコンある人なら、今直ぐにでも始められる仕事です。言い換えればこれは、投資を必要としない仕事に他なりません。これでは誰だって、起業したくなるかも知れません。

ところが御存じの通り、世の中とはそれ程甘くはありません。即ち、理屈の上では起業は誰にでも簡単になりましたが、全員が成功する筈がないからです。これは如何なる業界でも近付けば分かりますが、光を浴びる一人の成功者の陰では、必ず失敗する大勢が涙を飲んでいるのです。とは言え、失敗は成功の元ですし、状況は変わり続けるのですから、昨日の失敗者が明日の成功者になるのだと信じて、希望は決して捨ててはなりません。

それにしても、成功と失敗の境目が何処に在るのか、この点は充分に理解しておく必要が在ります。そして成功するには、IT技術をどう使えば良いのか、これを研究するのです。然しながら、起業する業種によっては、扱う情報が違いますから、当然ITとの関わり方も異なって来ます。要するにネット特有の環境、これを最大限に理解する必要があるのです。

その結果、ある程度は軌道に乗ったならば、週末起業を卒業して本格稼動させるべく、脱サラに踏み切るのが安全かも知れません。その段階にまで到達すれば、もはやある程度の成功の部類に入ります。そこで皆さんも自分の夢に、先ずは週末起業で着手してみませんか?